幼児の好きなプログラム

ゼロ年の長女は、主食である食べ物やパン、うどんなどは喜んでぱくぱく食べますが、野菜や肉、魚などは成否をするし、食べムラもあったりして、何とか用意しても半分も食べないでしめ、ということもあります。そんな中で、いつでも喜んで食べるのは納豆、オクラ、なめこなどのねばねば、ぬるぬるした存在。果たして何が気に入ったのか、納豆があるうちはほかの副食など見向きもしませんし、オクラも、サッとゆでて刻んだものに醤油を垂らすと、両親も分け前まで食べてしまいます。なめこも「にゅるにゅる!」を大騒ぎしながら汁椀から手で掬おうとして、スプーンで掬ってやると嬉々として口に入れます。感嘆のは、酸っぱくて絶対食べないだろうと思ったモズクも、口に入れてみたら気に入って食べていました。納豆は栄養豊富ですし、粘り気のあるごちそうはボディにいいと言われます。なので、よく食べてくれて頼もしいと思いますが、とっても苦々しい好みだなあと、わが子ながらおかしくなってしまいます。乳首黒ずみは、放置しても改善しません